脳リハセンター金山

脳リハセンターについて

脳梗塞・脳出血による後遺症の改善を目指す脳科学を応用したリハビリセンターです。
弛緩性麻痺・完全麻痺のstageⅠの方から比較的軽度な後遺症の方まで、
どなたにもご利用いただけます。

センター長挨拶

リハビリは頑張ることが重要なのではありません

脳リハセンター センター長
理学療法士 寺西 範晃

当施設では、歩く、座る、立つ、寝返りをするなど、本来は無意識に行うことができる基本的動作能力を引き出すことを目標とした、頑張らない、心地よいリハビリを実践しています。動かない部位を無理に動かそうと頑張りすぎることで返って別の部位を傷めてしまったり、過度な筋トレで全身のバランスが悪くなり、自然な動きが難しくなるといった例は、リハビリに一所懸命に取り組む患者さんに特に多く見られます。しかし、リハビリは頑張ることが重要なのではありません。麻痺部分だけでなく、全身に気を配りながら身体のバランスを整え、感覚を思い出させていくことが大切です。 当施設は、感覚入力を重視した運動学習と鍼灸、脳科学に基づいた最新の設備によって、お一人おひとりの状態に合わせた丁寧なリハビリをご提供し、ご本人さまはもちろん、そのご家族の皆さまも含めた包括的なサポートを目指しています。

施設の紹介

明るく開放的なお部屋で、気持ち良くリハビリに取り組んでいただけます。

照明を落とした落ち着いたお部屋で、リラックスしていただける鍼灸院。

壁のアクシブ

随時、ACSIVEの試着も行っています。

日替わりで有名コーヒーショップのこだわりコーヒーをお楽しみいただけます。

ご予約/お問合せ/資料請求